転職してお金が無い

親からは借金をしてはいけない

転職を繰り返し、収入がだんだんと減っていったために、親にお金を借りました。どうしても生活費が足りず、いい年をして申し訳ないと思いながらも親に連絡をしてお金を送ってもらいました。仕事をして得るお金以上に使っているのがそもそもの原因であり、一度ならずその後何度かお金を借りました。もちろん返すつもりではいましたが、もともと薄給の身、生活をするのにぎりぎりでとても返済することはできず、いまだに返しきれていません。
相手が親なので特に催促をされることもなく数年が過ぎました。総額ははっきりとわかりませんがかなりの額になっていると思います。
でも仕方ないんだ、だって足りないんだし、と現実から目をそむけて日々お金が無いお金が無いと思いながら生活していましたが、ある時ふと思いました。
そもそも実家はそれほど裕福ではありませんでした。おそらく両親が働いて得ているお金はそう多くないでしょう。でも「貸して下さい」と頼むと貸してくれます。
いったいそのお金はどこから出しているんだろう、と疑問に思ったのです。
そこで気づいたのです。そのお金は両親が老後に生活するためのお金だったということに。
何も言わないことに甘えお金を借り続け返していませんでしたが、それが両親の老後の楽しみや日々それなりにくらしていくためのお金を奪っていたことに気づきました。
とても情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
どれだけ苦しくても、親からお金を借りてはいけないと思いました。

 

コンビニキャッシングでご祝儀代を

転職して、収入が激減した私。好きな仕事に就けたし、婚約者の家の近くに引っ越せたのは嬉しいのですが、生活は本当にギリギリです。
手取り月収は15万円程度。家賃が水道とネット代込みで7万円近くするので、手元に残るのは約8万円。いわゆる貧困女子というやつです。加えてセレブOL時代に作ったローンと大学時代に借りていた奨学金の返済があるため、かなりの節約を強いられています。食事は全て自炊。会社には家でわかしたお茶も持って行っているので、平日に財布を開くことはめったにありません。土日は婚約者とのデートの日なので、出費は惜しまず。とはいえ、婚約者も今無職なので、外食はランチで安く抑えています。
美容院はいつも無料のカットモデル。化粧品はネットで無料のサンプルを取り寄せて使っています。この生活で何とかやっていけていますが、貯金はできていません。なので、突発的な出費には借金をしないといけない状況。先日も友達の結婚式のお祝い金をコンビニキャッシングで借りました。24時間いつでも借りられるし、返すのもカンタンで便利です。
でも、本当はこれ以上借金を増やさない生活をするのが目標。なので、これからは副業のアルバイトと、転職活動を頑張りたいと思います。